海自哨戒機P-1への韓国海軍艦艇火器管制レーダー照射問題

IMG_0552 (2).JPG
P-1・・2015年浜松基地航空祭(エアーフェスタ浜松)にて


” 事故の可能性はあり得るか? 海自P-1哨戒機へ韓国駆逐艦が「ロックオン」:乗り物ニュース”

この記事を読んだ直後の私の感想です・・「いやいや、何を甘いこといってるのか? 関 賢太郎(航空軍事評論家)氏は。。。(*_*)」
まだ防衛省から現場の映像公開が行われる前ですが「事故なわけ無いでしょうが!! 自衛隊員の練度とP-1の能力を分かってますか!?」 専門家とはとても思えない見解です。その後、防衛省が映像を公開します。



SankeiNews より

証拠としてはちょっと弱い気もしますが、機密の部分もあるので全てを公開するわけにも行かないのでしょう。韓国側の嘘を正すには十分です。韓国駆逐艦は国旗も軍艦旗も掲揚しておらず、これは海賊船と同じことです。
<スポンサーリンクの後に記事続く>






そうすると、、

“ 韓国艦のレーダー照射、なぜ危険なのか? 背景に「発射=撃墜」の艦対空ミサイル:乗り物ニュース”

という追加の記事を出しています。しかしこの記事の中で 『「他国なら(「広開土大王」の)撃沈もありえた」という声も聞こえますが、これはあり得ません。哨戒機にとって、駆逐艦へ単独で攻撃を仕掛けることは自殺行為だからです・・・・・。』とか言っちゃてますが、これも 「いやいや、それは “直ぐ報復を受けても仕方のない行為だ” というたとえでしょう。なにも哨戒機単独で攻撃するなんて誰も言ってない、考えてない。」と思いますよ。。そんなの無理なことぐらい分かってるでしょう、大体P-1は通常非武装です。対艦ミサイルなんて積んでないでしょ!? 何を言ってんだか。。。友軍機、友軍艦艇を呼びますよ普通 (*_*)




という 関氏への反論はどうでもいいんですが、韓国側の言い訳が二転三転しているのは この事件に関心を持たれた方なら承知していると思います。これはもう韓国政府、文在寅大統領は 完全アウト!! でしょう。

当事者ではないのでまだ黙っていますが、米国は正確な情報を持っていて、日本側が “正しい” ことは分かっているはずです。自衛隊と在日米軍は連携しており、特に海自は第7艦隊の一部とさえ言われます(残念なことでもありますが、、) 今後、韓国は日米との関係は硬直し中国からは見下され、頼れるのは北朝鮮 (´・ω・`) という悲惨な状況になり得ます。
<スポンサーリンクの後に記事続く>






 文在寅政権としては自分達がどんなに不利になっても、日本に謝罪するわけにはいかないでしょう。謝罪すれば政権の崩壊だけでは済まず、過去の大統領の結末から考えても命の危険さえあると予想されます。今後の韓国は政治的、経済的に相当困難な時期を迎え国際的にも信頼できない国(西側諸国と思われない=RED TEAM)と判断されると思います。

しかし、そんな政権を選択したのは国民です。直接選挙の大統領制ならば尚更国民の責任も大きいのではないでしょうか?そこまで言うのは酷でしょうか?でもこの失敗から多くを学んで頂き、是非正しい歴史教育をして欲しいと思います。日本政府としては大使の召還、日本企業の撤退をさせ文在寅政権崩壊後も傍観し、しばらくは関わらないほうがいいと思います。


(1/3 追記)
“ 韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求=哨戒機レーダー照射問題:時事コム”
どこまでもいい加減な、不誠実な国ですね。。


(1/5 追記)
“【速報】レーダー照射 韓国が“反論動画” 日韓主張真っ向対立:FNN”
4日も5日もかけてこの程度の動画しか作れなかったんですかね??ლ(ಠ_ಠ ლ)・・・国際社会の笑いものですよ!


Growler-News





この記事へのコメント